浮気調査の費用〜相場や費用を安くしよう〜

浮気調査においても料金はさまざま。
安いものがあれば高額と感じるものもと探偵事務所によって大きく変動があります。
そしてその金額は安くすることはできるのか?というところを本日は掘り下げたいと思います。

浮気調査の費用を抑える方法

なるべく多くの情報を探偵に伝える。
・浮気相手の住所
・浮気相手との接触時間
・接触場所
などが例として上げられます。

もし、浮気相手が誰かわからない場合でも
顔の印象や背丈といった情報を知っているだけでも
調査する上で非常に重要な情報になってきます。

ヒントとなるものが多いほど効率よく動けるため、
無駄な時間を省くことができ、浮気調査の費用は安くなるというわけです。

しかし、相手の情報が少なく
「浮気しているかもしれない」という根拠のない状況ならば
情報取得のための備考や張り込みの時間が増えるために
調査費用が高くなってしまいます。

ですが、費用を抑えるために
探偵に頼らずに自分で証拠を
入手することは非常に危険です。

相手にばれてしまうとそれ以降の証拠入手は
ベテランの探偵ですら困難になってしまうために
余計に時間が掛かってしまい調査費用が高くなります。

そういったことを考えた上で
自分自身での調査は深入りしないことも大切です。

調査費用は当事者に請求できるのか。

実は浮気調査の費用は損害賠償として相手に請求することが可能です。

しかし誰でも請求できるということではなく特定の条件を満たしていなと請求は困難です。
不貞行為の損害賠償請求では浮気相手に請求するかパートナーに慰謝料を要求しますが、
たとえ裁判に勝ったとしても探偵社に支払った調査費用を全て必ず相手から支払ってもらえるわけではありません。

損害賠償として認められるためには
以下2つの条件を満たして
いなければいけません。

・探偵に浮気調査を依頼する必要があったか?
・請求した調査費用が適正金額であるか?

不倫をしていても証拠がなければ認める人はいません。
そしてメールを見て怪しいことはわかっていても
不貞の証拠を見つけるのは素人では非常に困難なので
探偵に依頼することが解決への近道です。

このように探偵社に依頼した原因と結果がはっきりしていれば、
裁判では浮気調査料金も損害賠償として認めらるということになります。

しかしここで注意していただきたいのは、
調査にかかった費用が全て損害賠償金として認められるのか?ということです。

探偵社に連日調査依頼すると100万円を超える場合があります。
もちろん難易度によってはこれを超えることはありますが、
通常の浮気調査では100万円の調査費用はかかりすぎている可能性があり、
基本的に3~7日程度で不貞の証拠が手に入った場合かかる費用は
相場として30万~50万円くらいです。

相手に浮気調査費用の支払いが命じられる金額はこの相場を元に決められています。
つまり、100万円を超えた場合はかかった費用の数割程度しか
相手に請求することができないということになります。

ただ100万円の浮気調査費用が裁判で認められたケースもあるので
浮気調査費用が損害賠償として認められるには因果関係を証明することが大切でしょう。

弁護士費用も同じように相手に請求できるわけではなく例外を除いては、
判決で得た損害賠償金額の10%が弁護士費用として相手に請求できる金額とされています。

当社へのご相談の最中に浮気調査費用も弁護士費用も
裁判に勝てば相手から
全額取り返せると勘違いをしている方も多く見受けられますのでご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA